7月13日(金)

13:10 - 13:50 [GC04] 統合環境制御(AIなど)

植物生体情報を活用した高精度栽培管理

高山 弘太郎
講演要旨

「植物の生育状態の数値化」を可能にする植物生体情報は、高度な環境制御技術が導入された施設生産における生産性最大化の切り札として注目されている。本講演では、生産現場に実装されつつある植物生体情報計測技術を紹介し、直近のAI技術との連携について展望する。

講師

愛媛大学大学院 農学研究科 教授 高山 弘太郎

略歴

平成11年 東京大学農学部卒業
平成16年 東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程 修了、博士(農学)を取得
平成29年より愛媛大学大学院農学研究科 教授(現職)
日本学術会議 連携会員・若手アカデミー会員、日本生物環境工学会・生態工学会・農業情報学会 理事
専門:植物診断計測工学